自分軸を人に求めるとお互いに苦しくなる 子育ての終りごろ

 自分軸は自分だけ

物事のすすめ方は人それぞれ

18年間、子育てをしてきました

 

子が成長するにつれ、手出し、口出しは、少しずつ少なくなりました

 

子には子の考え方があって、親の操り人形ではありません

 

たとえ、子が失敗するとわかっていても、小さなことなら、そっと見守ることで子が成長します

 

失敗を知らないで大人になる方が怖い気もしますし、先々、本人が困ることになります

 

親は、いつまでもいない

自分軸で子を動かそうとすると、親も子も苦しくなって、社会のレールに親の力で無理やりのせている子育てになってしまいます

 

子が大人になって羽ばたいていく時に、親がいなくても、自分独りの力で生きていけることを目指して、あと少しの子育ての日々を歩んでいこう

 

年齢的には、もう大人かもしれないけど...

 

子育てで辿り着いたことろ

逞しく育ってほしい

 

スポンサーリンク

 

 

こころのこえ