ひとりの花が教えてくれたこと

スポンサーリンク

2021.06.04 

紫陽花

雨 大降り

 

 

昨日、大降りの中、いつもの紫陽花たちに会いにいくと、ひとりの紫陽花が地に降りていました。

 

梅雨ではあるけど、曇り空が続き、しばらくの間、お水を飲んでいなかった紫陽花たちが、ここのところ弱ってバテて見えていました。

 

雨の中、重かったのかな。と、その花と さよならしての昨日の帰り道。

 

 

 

 

 

そして、今日

いつもの紫陽花たちのところに行ってきました。

昨日の あの花は どうなったかなと思いながら...。

 

 

 

 

 

紫陽花

いてくれて ありがとう

 

 

昨日の僕は、

紫陽花の花を見て、終わり さよならを勝手に決めつけていました。

 

昨日だって、雨の中、地の上で咲いていました。

それの どこが終わり...。

 

今日だって、地すれすれで、立派に見事に咲いています。

 

紫陽花自身の生きる力で持ち上がり、最後まで咲きにいくのです。

 

 

僕が体調を崩し 長い月日が流れたけど、ひとり また ひとりと、僕の周りにいた人たちが去っていきました。

 

「マっさんは終わった」

そんな声が流れていたと、心友からききました。

 

そんな時を経て

今 僕は低空飛行ながらも 離陸しています。

 

終わってないのです

 

昨日と今日、この ひとりの紫陽花の花を見て

僕は思うのでした。

 

紫陽花さん ごめんね

僕も諦めず、最後まで咲きにいく

 

ありがとう 紫陽花の花

 

 

 

スポンサーリンク