スポンサーリンク

こころのこえ

【スペインインフルエンザ】スペインかぜ 1918-1920 1918年パンデミック

100年前を思い出せ 当時、世界人口は、20億人ほど推定感染者数は、5億人ほど 世界人口の4分の1が感染 人類の歴史の中で、短期間での人の死者数が最多ともいわれている 地球の上で暮らす人類の通過点100年前とは、いろんなコトのスピードがちがう誰でも、地…

エドワード・シザーハンズが切ったワケではない自然の木

ジョニー・デップもビックリするかも... あと数日で 長い梅雨が明け 暑い夏がヤって来ますが 時々、みたくなりますシザーハンズ 「雪はどうして降るの」の切ないおはなしです 楽天ブックス シザーハンズ【Blu-ray】 [ ジョニー・デップ ] シザーハンズ Amazo…

2020年7月18日の空

あれから17年 いろいろあったけど ここにいる スポンサーリンク // //

夕方出掛けるので緊張しています

お出掛け前のお散歩 お花の写真を1枚撮るのに 何か所も、蚊に 喰われちゃいました! ピントがぁ! 蚊がいっぱいで、大急ぎカメラ☆彡 スポンサーリンク // //

お花を恋しく思いだす

自分にとっての癒しの色、緑が多過ぎても... 草や、木の葉の 緑色が多い時期に カラフルなお花に、呼ばれます 辺り一面、緑色ばかりでも 圧迫感があります 僕にとって、癒しの色 多過ぎてもダメみたいです 梅雨時期 雨曇り空が続くと 青空と太陽が恋しくなる…

いろんなお花が、ちょびっとずつ咲いているのが心地いい

少人数で咲いているお花たち 一人一人の個性を感じることができる気がします。 同じお花が大勢咲いていたら この数人のお花には、気づかなかったかも... スポンサーリンク //

遠くへ

今週のお題「遠くへ行きたい」 ふぁいとを おくったつもりが 僕が ふぁいとを もらっちゃった 僕の人生 どこか消化試合に なっていた! ハッ!と それに気づかさせてくれました 限られた人生の時間を 楽しまなきゃ もったいない 今、気づけて ラッキー☆彡 僕…

ここまで来るのに

だいぶ遠まわりしてきたな途中、いろんなことがあったっけ…明るい日々もあり暗闇の彷徨いもあった涙が溢れてきた日々も…思い描いているだけでどうすることもできなかった日々もいっぱいありました近道通って来ていたらきっと今の自分じゃないことまちがいな…

心が疲れている時には必死過ぎて気づかない自分の状況

目の前のことをこなすだけの時 周りが見えなくなっていて 必死に生きようと 前に進む足を止めない それでも それをしていかなければ 生きてはいけない現実 足を止めることは 無理かもしれないけど ちょっとだけ 立ち止まって 空を見上げて 周りを見て 足元を…

壁を越え

歩き続ける もうダメだ と 諦めそうになったあの時… どんなに 辛く、苦しい時も ゼロには ならなかった 僕のたたかうタマシイ 希望をすてず 諦めずに 歩き続けていたら… 生きてて、よかったと 心の底から思える日が 再びおとずれた! たたかうタマシイが 1…

黄色を咲かせる時間は短いけれど、精一杯咲くその姿に...

自分の人生は咲いているのか。と考えさせられる 咲いていたと思っていた若かりし頃 咲いていないと思っていた時もある だけど、いつも 咲きたいと思っていて 咲き続けたいとも思っている 人生には、いろんな咲き方があって 咲く時期も、いろいろ... 今、咲い…

空を見ていたら

その瞬間、今しか見れない空模様 毎日、お散歩しています とことこ歩いて いろいろな景色を見ています その目線の角度は、三つ 一つ、前を向いている時に飛び込んでくる景色 二つ、立ち止まり、足元の地面に大接近 三つ、上を見上げ、木々の様子と、その上の…

時は流れていく…

感情に関係なくどんな感情の時でも時計の針は、1秒を刻んでいくいい時の1秒もそうでない時の1秒も同じ1秒を刻んでいく何をしていても時の流れはとまらない苦しい時の1秒は、とても長く感るけど幸せの1秒になる日をみつめて小さな1秒を歩んでいたらと…

当たり前だと思っていた生活を見つめ直す時が来た!

生きていくために帰る家があって一日三回ご飯が食べれて夜、暖かいお布団で眠れる。最後は、ここにたどり着く スポンサーリンク //

自分軸を人に求めるとお互いに苦しくなる 子育ての終りごろ

自分軸は自分だけ 物事のすすめ方は人それぞれ 18年間、子育てをしてきました 子が成長するにつれ、手出し、口出しは、少しずつ少なくなりました 子には子の考え方があって、親の操り人形ではありません たとえ、子が失敗するとわかっていても、小さなことな…

こころのこえ

スポンサーリンク